キャベツ豆知識カテゴリの記事一覧

食知識

食知識


キャベツの食べ方

キャベツは葉はやわらかく、癖のない味で、丸々調理でき多くの料理に使われ、万能的な野菜なのです。

たとえば、生では、繊切りにして豚カツなどの付け合わせにしたり、甘辛のみそをつけたりして食べたり、漬物などにすればお手軽に食べる事ができます。

業務用で繊切りを使用する場合には、水に浸しておくと水分を吸収して膨張するため量が増え、かつ、みずみずしさを保つ利点があるが、栄養価が落ちる恐れがある。

春に出荷される新キャベツは、葉がふんわりと巻いていて、頭の部分が丸いものが良いとされます。

春キャベツは葉がやわらかいのでサラダ向け。

その逆に、冬に出荷されるキャベツは、外側の葉の色が濃い緑色で、葉が固くまいており、見た目よりもずっしり重いものが良いとされます。

冬キャベツは実が引き締まっているのでスープの具にしたり、中にひき肉などを挟んでロールキャベツにするなど煮ても使える。

炒め物などに利用すると甘味が引き出され、キャベツを美味しく味わえます。

キャベツは芯から腐敗していくので、保存する場合は芯をくり抜き、水で湿らせたキッチンペーパーを詰めておくと良いです。

芯の部分もビタミンCが豊富なのでサラダにして食べてください、芯は茹でたりするとビタミンCが抜けてきてしまうのでなるべく生のまま食べましょう。

キャベツ選びのポイント

キャベツを選ぶときの一番のポイントは外の葉が濃い 緑色でつやがあるかどうか。

さらに、手にしたとき見た目よりもずっしりと重く しまったものが良いキャベツです。

次に、芯の切り口が 新しくて、変色・褐変していないかをチェック。

これが新鮮かどうかの目安となります。

また、キャベツは大きさに比例して味が良くなるので、 選ぶならしっかり大きなものを選びましょう。